お問い合わせ お問い合わせ
TOP > ウェブマガジン > 交換はお早めに!2022年11月末に廃止される特定小電力トランシーバーやアナログ無線機【※2024年11月30日まで延長】


電波法の改正により、一部特定小電力トランシーバーを始めとして、アナログ無線機は2022年11月30日廃止が決定し、デジタルに完全移行します。

※2021年9月1日制度改正により、使用期限が2022年11月30日から2024年11月30日まで延長となりました。

そのため、もし、古くから無線を使用している場合、手持ちの特定小電力トランシーバーや無線機がアナログだった場合、期日までに廃棄、もしくは交換をしなければなりません。

ここでは、アナログとデジタルの違いや廃止の理由を始めとして、おすすめのデジタル周波数の特定小電力トランシーバーの紹介など幅広くお伝えいたします。

なぜアナログ無線機が廃止になるのか

そもそも、なぜアナログが停止になるのでしょうか。

理由としては、アナログよりもデジタル方式のほうが効率的であり、メリットが多いということが挙げられます。

電波は有限の資源であり、それを有効に活用するために、効率の良いデジタルに統一し、アナログの無線を廃止すると結論づけたのが、廃止の理由です。

廃止後に所持していた場合

上述した理由で、アナログは2022年11月末に廃止となります。

そのため、期日までに所持しているアナログ無線は配し、及びデジタル無線機の買い替え等を行わなければなりません。

期日までに間に合わなかった場合も、所持するだけでしたら問題はありません。

しかし、2022年11月末以降に使用してしまった場合、電波法違反として罰則が発生します。

この場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が発生します。

悪意がなかったとしても、使用することで電波の妨害を行っているとみなされるからです。


したがって、2022年11月末以降にアナログ無線機を所持していても、使用することが法律で禁じられてしまうのです。

したがって、所持するメリットは皆無といって良いでしょう。

アナログ無線機の停止や処分に費用は発生する?

アナログ無線を所持していた場合、2022年11月までに処分あるいは変更の申請を行う必要があります。

しかし、このときどうすればいいのか、あるいはどのくらいの費用が発生するのか気になる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、無線局の停止や更新の申請に伴う費用についてご説明いたしましょう。

無線局の停止手続き

アナログ無線の停止手続きは、総務省に廃止届を提出することになりますが、廃止届の手続きに費用は一切かかりません。

総務省にも記載されているとおり、総務省ホームページで届出書のフォーマットをダウンロードし、必要事項を記入しましょう。

デジタルの更新手続き

引き続き無線を使用する場合、無線の変更申請を送る必要があります。

その際、申請書の他にも無線局事項書および工事設計書などの書類が必要となりますが、これらの費用は無料です。


また、自分の所持している無線がアナログ・デジタルの両方使用できるデュアル無線だった場合、こちらも別途申請が必要となります。

この場合、メーカーに連絡し、アナログ派の停止をするための無線設備の改修をメーカーに依頼し、工事をして貰う必要があります。

費用はメーカーによって異なりますが、数千円程度と考えて良いでしょう。

アナログの特定小電力トランシーバーについて

なお、特定小電力トランシーバーは、使用できるものと使用できないものの2つに別れます。

その違いは、「スプリアス発射」と呼ばれる規格が関係しています。

スプリアスとは「不要な電波」を意味するものであり、スプリアス発射の強度が高ければ高いほど所定の周波数を外れた不要な電波が発生している証明になります。

このスプリアス発射の規格が2022年に改正されるのですが、規格が新しいものであれば特定小電力トランシーバーはアナログでも使用が可能です。

旧スプリアス発射規格の特定小電力トランシーバー

上述したように、特定小電力トランシーバーは新スプリアス規格であればアナログでも使用が可能です。

では、そのスプリアス規格はどこで確認するのでしょうか。

実は、この規格の見分け方はメーカーごとに異なっており、統一されていません。

したがって、ここでは主要メーカーのスプリアス規格の見分け方についてご説明いたします。

ケンウッド

ケンウッドでは、公式ホームページにて旧スプリアス規格の特定小電力トランシーバーを掲載しています。

https://www.kenwood.com/jp/products/information/lpd_spurious.html

機種の中には同じ型番でも新規格のものと旧規格のものもあるので、工事設計認証番号を確認しましょう。

アイコム

アイコムでは、シリアルコードの表記でスプリアス規格の新旧が確認できます。

新規格のものはシリアルコードにSのマークが記載されていますので、それ以外のものは旧規格と判断して良いでしょう。

不安な場合はメーカーや総務省に確認を取ることをおすすめします。

八重洲無線

八重洲無線では特定小電力トランシーバーの新旧スプリアス規格の見分け方についての説明はされておらず、型番も掲載されておりません。

ですが、総務省電波利用ホームページ

https://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01

にて必要事項を記入することで、スプリアス規格の確認が可能です。

アルインコ

アルインコでは、総合FAQの通信技術の項目でスプリアス規格について説明しております。

そこで旧スプリアス規格の特定小電力トランシーバーのリストを掲載しているので、そちらを確認しましょう。

アナログ→デジタル無線機へ入れ替える方法

無線機を新しいものに切り替える場合、一台だけ所持しているというのでしたら対応も気軽に行えます。

しかし、企業によっては複数台所持している場合もあります。

その際、無線機の入れ替えは台数が多いほど煩雑になります。

手続自体はそこまで面倒なものではありませんが、処分や買い替えなど、台数が多い分手間もコストもかかりやすいです。

そんなアナログ無線機からデジタル無線機へ入れ替えを行う場合、主に4通りの対処方法があります。

①既存のアナログ無線機を徐々にデジタル無線機へ入れ替える

中小企業で無線を使用している場合、おすすめの方法です。

一度に発生する出費を抑えつつ、無理なくデジタル無線機へ移行するため、予算のコントロールがしやすいのがこの方法のメリットです。

最終的に発生する出費のトータルはかわりありませんが、一括ではなく分割して無線機を購入するので、月々に発生する費用を抑えることができます。

この際、書類の記入も月々の申請で行えるので、手間も分割も可能です。


こちらの方法は、レンタルで利用している場合にメリットがあります。

今まで使用していた無線機を交換する際、契約の見直しで再導入する無線機を吟味する機械が得られるからです


ネックとして、入れ替えが完了するのに時間がかかるという点が挙げられます。

また、期限が迫っている時期だとこの方法では期日に間に合わない場合もあるので、計画的に交換を行う必要があります。

②必要最低限なものだけデジタル無線機へ入れ替え、不足分はその都度レンタルする

方法①と若干似ていますが、それよりも少々異なった入れ替え方法です。。

複数のアナログ無線機を所持している場合、使用頻度の高い無線機だけ買い替え、残りは処分し、必要になったらレンタルで代用するという方法です。

発生する費用を必要最低限に抑えることができ、手続きも処分した分だけで済ませられるので、方法①よりも手間を減らせるのがポイントです。


注意点としては、場合によってはレンタルを利用しなければならなくなるので、その都度レンタルの手続きを取らなければならないので手間がかかるという点です。

急に必要になるという頻度が高いのであれば、レンタルよりも購入を検討しましょう。

③一度にすべてのアナログ無線機をデジタル無線機へ総入れ替えを行う

一番手っ取り早いのが停止や更新、無線機の入れ替えを一度にやるという方法です。

すべての作業を一度に行なうため、最短一日ですべての作業を終わらせることも可能です。

一方で、一度に発生する費用も高くつくので、予算に余裕がないと取ることができない方法でもあります。

あるいはレンタルなら初期費用を大幅に安くすることも可能です。


この方法は工場や大型店舗といった、いわゆる法人におすすめの方法です。

ほぼ毎日、特定の相手と無線でやり取りを行うため、無線の交換は急務です。

そのため、相手に不便をかけるよりも、一括で総入れ替えを行ったほうが、結果としてスムーズなやり取りがしやすくなります。

④すべての無線機をレンタルにする

一番手間がかからない方法がこちらです。

無線機をすべて手放し、レンタルのみで活用するという手段です。

初期費用は購入するよりもレンタルのほうが安くなるので、コストが大幅に抑えられるのがこの方法のメリットです。


一方で、今後も無線を使い続ける場合ランニングコストが発生するので、トータルで見るとこちらのほうが最終的なコストがかかりやすいのがネックです。

アナログ無線機とデジタル無線機の違い

デジタルとアナログを比べると、デジタルのほうがメリットは多いとされています。

しかし、アナログもデジタルには負けない強みがあり、全てにおいてデジタルが優れているとうわけではありません。

ここでは、デジタルとアナログの4つの違いをご説明いたします。

音質が異なる

デジタルはアナログに比べると、音質がクリアになりやすいです。

デジタルは音声をすべて暗号に変換し、相手に送信します。

その際発生したノイズや雑音は、暗号化する際にカットされるので、ノイズが取り除かれたクリアな音質が相手に送られます。

通信距離が異なる

電波の通信距離は、直線の場合デジタルのほうが長いです。

理由としては、デジタルとアナログの電波の特性です。

デジタルだと電波は直進して相手に受信されるため、より遠い距離でも通じやすくなるとされています


しかし、直進しかしないため障害物の多い場所では電波が届きにくく、通信がしにくいというのがネックです。

それとは反対に、アナログは障害物を迂回して飛ぶので、遮蔽物が多い場所だとデジタルよりも通話がしやすいですが、通信距離は短くなります。

混信への強さ

デジタルは上記の問題により障害物や遮蔽物がある場所に弱いですが、かわりに混信が少ないという強みがあります。

上述したように、アナログは障害物があった場合迂回して相手に届くため、電波の移動は不規則です。

そのため、アナログは電波同士が干渉しやすくなっており、その影響で混信やノイズが発生しやすくなっているのです。

したがって、ノイズや混信対策としてデジタルを利用するメリットは十分にあるといえるでしょう。

バッテリーの消耗速度について

バッテリーは、デジタルよりもアナログのほうが長持ちする傾向にあります。

その理由は、電波の送受信の方法が関係しています。

デジタルは、一度音声を暗号に変換してから送信するため、その過程で電力を消費してしまうのです。


一方、アナログは音声の波形をそのまま相手に送信するため、バッテリーの消費量が少なくなっています。

結果、アナログのほうがバッテリーは長持ちします。

これから買い換える人へ、おすすめのデジタル特定小電力トランシーバー

特定小電力トランシーバーなら免許は不要なので更新の必要はありません。

しかし、上述した旧スプリアス規格の特定小電力トランシーバーを2022年11月末以降まで使用していると、罰せられる可能性があります。

特定小電力トランシーバーは安価なので、これを機に買い替えの検討をおすすめいたします。


ここでは、そんな特定小電力トランシーバーでおすすめの機種を、5つご紹介いたします。

ウェッジトーキー

安定した品質とリーズナブルな価格が魅力

ウェッジトーキー最大の魅力は、価格が特定小電力トランシーバーの中でも安価であることです。

購入価格は7000円以下であり、レンタルならばより安価で活用できるでしょう。

また、品質に関しても強いこだわりを持っており、日本の工場で入念な品質管理を行っています。

機能面も、初めて使用する人でも操作しやすいようにシンプルになっており、オプションも充実しています。

場所を選ばない性能

ウェッジトーキーは、使用する場面を選ばず、どこででも活躍してくれるのも強みと言えるでしょう。

安価なので数が揃えやすいため、規模の大きなスーパーマーケットでも活躍してくれますし、防塵、防水機能も備わっているので屋外でも活用できます。

加えて、別売りのオプションで中継機もあるため、特定小電力トランシーバーのネックである通信距離を伸ばすことも可能です。

IC-4110

大手ならではの機能性と品質

IC-4110は日本の無線メーカーの中でも草分け的存在であるアイコムの製品です。

全体的に高品質であり、防塵・防水機能も備え付けられています。

中でも、アイコムがセールスポイントとしてメーカーが推している音質は、特定小電力トランシーバーの中でもとくに大きな音で再生できるので、会話のしやすさや聞き取りやすさは特に秀でています。

屋外での活用がおすすめ

IC-4110の性能をより実感したいのでしたら、屋外での使用がおすすめです。

耐久性に優れるだけでなく防水・防塵性能が高いので、あちこち動き回る屋外でのレジャー・スポーツでも問題なく使用できます。

大手メーカーということもあり品質には信頼性があり、安心して使える特定小電力トランシーバーと言えるでしょう。

IC-4310

 
コンパクトで使いやすい

IC-4310はIC-4110と同じく、アイコムから販売されている特定小電力トランシーバーです。

この2つを比較すると、IC-4110はコンパクトで扱いやすくなっています。

本体の重量は90グラムと非常に軽くなっており、携帯性により優れているのが強みです。

防水・防塵性能はIC-4110よりも向上し、水深1Mの場所に30分間浸けていても問題なく使用可能となっています。

屋外でのレジャー・スポーツ向け

IC-4110と同じく、IC-4310も屋外での使用をおすすめします。

IC-4110と比較した場合、こちらはよりレジャー・スポーツにおすすめと言える機種でしょう。

コンパクトになった分激しい動きを阻害せず、極めて軽いので持ち運びで重みを感じることは少ないです。

サバイバルゲームのような、激しい運動に加えて細かな連絡を取り合うようなレジャー・スポーツだと、よりメリットを感じやすいです。

DJ-PX31

シンプル&コンパクト

DJ-PX31の特徴は、シンプルなデザインとコンパクトなサイズが挙げられます。

本体に備え付けられているスイッチは電源と音量ボリュームだけであり、普段使用したことのない人でも直感で使用できます。

サイズはコンパクトな分軽量なので、携帯していて重みを感じることは少ないでしょう。

中継機に対応しているので遠距離の通話がしやすいのもメリットの一つと言えます。

素早い連携を取る場所で活躍

DJ-PX31はシンプルな構造をしており、操作性も比例してシンプルなので、素早い連携が必要な場所で力を発揮してくれるでしょう。

ボタンが少ない分推し間違いもありませんし、使い慣れればトランシーバーを見なくても手探りで通話が可能になります。

そのため、急な報告や連絡が必要な場で、スムーズに連絡が取りやすくなります。

UBZ-LS20

UBZ-LS20
 
優れた燃費と画面の見やすさ

UBZ-LS20は、画面の見やすさと燃費の良さが強みです。

モニタにはバックライト機能が搭載されているので、暗い場所でも画面がみやすくなっています。

また、高性能BTLアンプ搭載によりスピーカーの性能も優れており、大音量でのやり取りが可能です

夜間警備、レジャー・スポーツなどで活躍

UBZ-LS20のLはレジャー(Leisure)のLであり、レジャー・スポーツを想定した設計となっております。

耐久性や防塵、防水機能などが備え付けられており、屋外での仕様に耐える性能を有しています。

しかし、用途はレジャーに限らず、倉庫や学校、幼稚園などの施設内での使用でも活躍してくれるでしょう。

特に、バックライト機能のおかげで夜間での使用においては特に使いやすいと言えます。

上述した場所の夜間警備や暗所での作業においてもUBZ-LS20は活躍してくれるでしょう。


将来に備えて

アナログの無線機は、一部特定小電力トランシーバーを除けば、2022年11月末をもって使用不可能となります。

そのため、現時点でアナログ無線機を所持・使用している場合は期日までの対応が必須となります。

停止や変更の手続きは総務省で確認すれば難しくはありませんが、所持台数が多ければその分作業の手間は増えてしまいます。

したがって、期日に間に合うように、計画的に処分、買い替えを行いましょう。

人気記事

オンライン